たぶん世界で一番雪の降る街から

新米WEBライターの雑文です。

ひとり旅中編【カフェ編】

カレーを食べ終えた僕は、黄金岬に立ち寄った後、増毛町へ向けて車を走らせる。

 

道は海岸線を続いている。右手にはずっと海が見える。波は高く、荒れている。

海水浴シーズンはまだまだ先なのだ。

 

しばらく走り、もうすぐ増毛町内に入るといったところで、僕の前を走っていた白のプリウスが細い小道側へと左折した。

 

こんなところに何かあるのだろうか? と思ってスピードを緩め、そちらを見るとのぼりと看板が出ているのが見えた。

f:id:Kenta-furuya:20190705113117j:plain

のぼりと看板が見える。

f:id:Kenta-furuya:20190705113147j:plain

カフェ&レストラン ポルクの看板だった

「カフェ&レストラン ポルク」

店を通り過ぎた後で一瞬迷って、僕はUターンした。

コーヒーを飲もうと思った。特に急いでいるわけでもないのだ。

 

f:id:Kenta-furuya:20190705113253j:plain

ポルクの外観。右側が店舗になっている。左側は家屋だろうか?


店の中に入ると、開放的なエントランスと人懐っこい男性の店員ーオーナーだろう。ほかに従業員の姿は見えないーが感じのいい挨拶をする。

 

f:id:Kenta-furuya:20190705114205j:plain

エントランスのステンドグラス。美しい。

f:id:Kenta-furuya:20190705114237j:plain

開放的なエントランス。

 

「お好きな席にどうぞ」

促されるまま僕は店内を眺める。

店内には4人掛けのテーブルが4つほどある。外へ出られるドアがあって、オープンテラスになっている。外にも4人掛けのテーブルが3つある。随分広い店だ。

f:id:Kenta-furuya:20190705114317j:plain

店内の様子。

f:id:Kenta-furuya:20190705114517j:plain

テラス席もある。

 

僕はテラス席に決めて、ブレンドコーヒーを注文する。

そしてそれを飲みながらぼんやりとする。

ほとんど物音は聞こえない。

 

f:id:Kenta-furuya:20190705114629j:plain

ブレンドコーヒー380円。

f:id:Kenta-furuya:20190705114658j:plain

テラス席にあったフクロウの灯り。夜には灯るのだろうか?

 

目を閉じると、風の音と、小鳥のさえずりを時折感じる。

たまにはこんな休日も悪くない。

 

(ひとり旅後編につづく)

 

ー今日の1曲。Ritualで「The fall」-


Ritual - The Fall

ひとり旅前編【カレー編】

 お久しぶりです。古谷健太です。

 

 ちょっと色々と忙しかったので、ブログをさぼってたんだけど、やっと落ち着いたから久しぶりに更新しようと思う。

 

 2019年6月18日に僕は北海道増毛町にある岩尾温泉に行こうと決めた。6月18日といえば、「ビルマ」が「ミャンマー」に国名を変更した日だ。1989年のことだ。まあ、それはどうでもいい。

 

ともかく、僕は温泉が好きなのだ。

リラックスできるし、水の流れる音だって好きだ。

 

水の流れる音に耳を傾けて、心の中をーあるいは頭の中をー空っぽにする時間が人間には必要なのだ。きっとね。

 

出発したときは11時を回っていて、先に食事でもしようと思いながら車を走らせていると、カレー屋があったのでそこに入ることにした。

 

f:id:Kenta-furuya:20190704121906j:plain

カレー大将外観。青い車は僕の愛車のウイングロード

 

北海道留萌市大町3丁目にある「カレー大将」というお店だ。実のところ、これまでにも何度か訪れたことがある。

 

f:id:Kenta-furuya:20190704122542j:plain

カレー大将のメニュー。

「カレー大将」にはメインとなるカレーメニューのほか、丼ものや定食なんかもある。オーソドックスなカレーは650円とリーズナブルだ。

個人的には1個140円のカレーパンが気になる。

f:id:Kenta-furuya:20190704122505j:plain

僕が食べたカレー(辛口・大盛)

味わいは非常に家庭的。家庭的な味わいながら、このクオリティのカレーはまず家では出てこないだろうなと思う。たまに食べたくなる味。地元でのファンは多い。

 

昼食を終えて、車を走らせること数分。

夕日で有名な黄金岬に立ち寄る。

風がとても強くて、波が高かった。

 

f:id:Kenta-furuya:20190704122508j:plain

黄金岬。夕暮れには美しい夕陽を見ることができる。

しばらく風と波の音と匂いを楽しんだ後で、僕は青いウイングロードに乗り込んで海を後にする。

目指すは増毛町

岩尾温泉だ。

 

(ひとり旅中編へつづく)

 

ー今日の1曲。GoGo Penguinで、「Raven」-

 


GoGo Penguin - Raven (Live at Low Four Studio)

 

初めてのフリーランスWEBライターの収入

 今日は日帰り一人旅に行ってきました。こんばんは。古谷健太です。

 

 最近知ったんだけど、「古谷健太(こやけんた)」さんという元芸人で現Youtuberの方がいるんですね。知っていましたか? まあ、僕の10000倍くらい知名度のある方です。

 

 ふと気になって、「古谷健太」で検索すると、こやけんたさんと出てきました。誤解される前に断っておきますが、僕は「古谷健太(ふるやけんた)」なので、全くの別人です。

 

f:id:Kenta-furuya:20190618234714j:plain

一人旅で立ち寄った海。詳細は後日。

 

 さて、僕がクラウドワークスでフリーランスWEBライターとしての活動を始めてから半月が経ちました。

 

 気になるのは収支ですよね? そうでしょうそうでしょう。

 クラウドワークスの締め日は15日なので、僕の初めての収入も確定しました。

 というわけで、発表します!

 

 受注件数12件

 

 振込金額6,594円

 

 平均すると500円くらい…。クラウドワークスは20%の手数料を取られるから、実際は8,000円くらいですね。上は手数料を取られた後の金額です。

 12件の内、1件は試しにやってみたタスクで72円というショボ案件。2件は本採用前のテスト記事で報酬500円というのが平均単価を下げてしまった要因ですね。

 

 ですが、とあるクライアント様からテスト記事の後に継続して仕事を依頼していただけるようになり、今は600~700文字で1000円(手数料を引くと800円)頂けています。1文字1.5円です。クライアント様には感謝です。

 

 僕の最終目標は「1日20,000円」なので、結果としては全く及ばなかったですが、ネットの口コミで見る「全く稼げない」という訳ではないですね。もうちょっとやれそうな気がします。

 

 受注した中には1記事2,000文字で800円という仕事もあって、4件ばかりこなしたけど…正直割りが合わねー。

 

 文章への注文も多くて没個性な仕事であまり楽しめなかったし。あの仕事はもうやらないです。仕事の質はやっぱり大切だなと感じます。

 

 今は別の案件の契約途中なので、そちらの仕事が上手くいけばもう少し収入も増やせるかもしれない。

 

 次回は20,000円を目標に取り組みます。経験を積む傍ら、SEOライティングなどの勉強も進めて、WEBライターとして活躍していきたいなと思います。

 

 今日の一人旅では今回掲載した海の写真以外にも、ブログ用にと写真を撮ってきたので後日公開しますね。何か目的があって写真を撮るとやりがいがあって楽しかったです。

 今日はこの辺で。ではまた。

 

ー今日の1曲。ELLEGARDENで、Missingー


ELLEGARDEN「Missing」Music Video

 

Missing

Missing

  • provided courtesy of iTunes

 

サービス残業撲滅システム求む

 こんばんは。古谷健太です。

 

 今日は8:30~17:30の勤務時間の予定だったけど、仕事がたまっていたのと人員不足で結局22:00まで働いていました。サービス残業です。

 

f:id:Kenta-furuya:20190618004916j:plain

 

 働き方改革に僕は実は凄く賛成で、でもやっぱり忙しい時には残業をしなければならない。

 

 会社には早く帰れと言われているから、結局タイムカード押してからサービス残業っていう構図になってしまう。

 

 じゃあ無理やり帰ればいいじゃないかと言う人もいるかもしれないけど、僕は店舗の責任者なので、それも出来ないんですよね。

 

 最低限のことはやってあげなくちゃならないし、自分にしかできない仕事は自分でやるしかない。

 

 人員不足だと他の人の仕事もこなすことになるから、相対的に自分の仕事をやる時間が無くなってしまう。

 

 仕事が忙しいのも、残業も仕方ないけど、「サービス残業」っていうのはやっぱり納得がいかない。

 

 この資本主義社会において、労働力の安売りをしてしまったら、僕たちには何も残らないですからね。

 

 政府には働き方改革の波に乗って、「サービス残業を絶対に発生させない、企業単位でごまかすことも不可能な」システムを構築してほしいです。

 

 勤怠管理をマイナンバーを使って国がやったらいいんじゃないですかね? 〇〇さんはこれだけ働いてるから、これだけ給与を与えるようにと国が企業に指示するんですね。

 

 現実的じゃないかな? まあ、今日は結構疲れました。仕事って大変ですね。

 

 あとは音楽でも聴いて、僕は眠ることにします。ではまた。

 

ー今日の1曲。浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSでMessenger Boyー


浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS "Messenger Boy" (Official Music Video)

 

 

 

葛藤のWEBライティング①ーシナリオ作成のお仕事1ー

 今日は仕事前にブログを書いています。

 こんにちは。古谷健太です。

 

f:id:Kenta-furuya:20190616113036j:plain

 

 葛藤のWEBライティングと題しまして、今日はWEBライターとしての仕事で初めて受注した『シナリオ作成』のお話です。

 仕事の内容は、

  • Youtube用マンガのシナリオ作成
  • クライアントの希望に沿ったテイスト
  • 文字数でおおよそ1,000文字くらい
  • 1文字単価1円

 と、こんな感じ。

 1,000文字なので1,000円の仕事。

 シナリオの仕事を請け負ったのは初めてなんだけど、これが想像よりも難しい。というか、時間がかかる。

 

 ほとんど会話だけで1,000文字書くという事だから、そこそこ長めのストーリーを構築しなくてはならない。

 これが小説だったら、地の文があるから1,000文字なんてのは登場人物の紹介程度の話なんだけれど。

 このブログを書いている段階ではまだ100文字くらいしか書いていないので、次の休みの日に書き上げたいと思います。

 

 でも何事も経験だと思うし、まだまだWEBライターとしてスタートしたばかりなので、1文字1円以上の色々なお仕事をやってみようと思います。

 そういえば、今回のブログはあることに注目して書いています。分かるかな?

 答え合わせは後日。

 今日はこの辺で。仕事に行ってきます。ではまた。

 

 ー今日の1曲。RadioheadでDaydreamingー


Radiohead - Daydreaming

 

 

 

 

sukekiyoのこの曲をちょっと聞いて欲しいというお話。

 こんばんは。古谷健太です。

 16時過ぎに超眠くなったので昼寝(?)していたら、18時頃に小学4年生の娘がやってきて、そろそろ起きろと言う。かくれんぼするよと恐ろしいことを言っている。「無理だ。もうちょっと寝かせろ」と「早く起きろ」を繰り返して、やっと目が覚めてもまだ僕が布団でゴロゴロしていたら、また娘が呼びに来てなにしてんだ早く下のリビングに来いと言う。

「起きたばっかで動きたくない」って言っても「いいから、早く来て」としつこいので、しぶしぶ階段をよろよろと下りて、リビングのソファーに倒れこんでいたら、娘が冷蔵庫からケーキの入った箱を持ってきて、僕にくれる。

 そのくだりでピンときた。そうか。もうすぐ父の日で、でもその日は僕は仕事でほとんど家に居ないから、前倒しで贈り物をくれたのだ。

 僕はありがとうを言って、それを受け取った。早く渡したくてあんなにしつこく起こしてきたのか…。相変わらずかわいいやつだな。

 その後、もう一人の娘(中1)も「いつもありがと~」と取ってつけたように言ってプレゼントをくれた。紙袋を開けると中にはお酒が2本入っていた。

 ありがとう娘達よ。一か月前に「お前らは父の日を知っているかね?」と教えてあげた甲斐もあったと言う物だよ。 

 …と、前置きはこのくらいにして。

 ところで皆さんはsukekiyoをご存じだろうか? wikiを引用すると、

 

ja.wikipedia.org

 この通りsukekiyoはV系の流れを汲む個性的なロックバンドなんだけど、僕は昔からDIR EN GREYというバンドが好きなので、このsukekiyoも聴いたことがあった。

 で、こないだYoutubeに動画が上がってて、その曲のインパクトが半端なかったのでぜひ紹介したいので候。それでは聴いてください。sukekiyoで「猥雑」。


sukekiyo - 猥雑 (TV edit)

 何コレダセー。これは最悪なものを見てしまった…!

 …でもちょっと、もう一回見てみようかな…ブツブツ…。

 そうして、僕はもう20回はこの動画を見ている。どうやらどこか惹かれるものがあるらしい。

 そして、恐ろしいことに今では割と好きになってしまった…。

 なるほど。これがダサかっこいいってやつか。でも、こんなにダサい曲をこんなに格好良く歌えるなんて京しかいないと思うんだよな。まあ、そもそもこんな曲作るのも京くらいしかいないよね。

 ついでなので、もう1曲ご紹介。


sukekiyo 「ただ、まだ、私。」 Music Video (radio edit ver.) from 『INFINITUM』(2019.5.24 release)

 こっちは普通に…というかかなり格好いい。

 サビに入るまでのBメロの歌い方が凄くV系っぽい。狙ってるのかな?

 そういう訳で、sukekiyoをご紹介しました。今回紹介した2曲は2019年6月26日発売の「INFINITUM」に収録されています。ちょっと欲しいなぁ。

 それでは、今日はこの辺で。

 

擬似ネクロマンサー

擬似ネクロマンサー

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

眠くならない鼻炎薬ーザイザルという抜群に効く鼻炎薬についてー

 今日は病院へ行って薬をもらってきました。こんにちは。古谷健太です。

 会議の次の日は大体休みを取ることにしています。7~8時間寝ただけでは、はっきり言って疲れが抜けませんからね…。

 薬をもらってきたと言っても、それはただの鼻炎薬(僕はシラカバに弱い)なんですが、処方箋医薬品というのは効き目が滅茶苦茶いいわけです。

 その薬の名前がタイトルにもあるザイザル。

f:id:Kenta-furuya:20190614155518j:plain

右がザイザル。左が一緒に組み合わせて飲むモンテルカスト。

 今現在市販で販売されているー中でも割と有能なーアレグラやアレジオンと比較しても、ザイザルのソリッドな効き目はちょっと比べ物にならない。これだけの効き目がありながら全然眠くならないし。

 おまけにザイザルとモンテルカストを合わせて30日分で2200円程度ですから。病院へ行く手間がちょっとあれですけどね。ちなみに希望すれば耳鼻科だけでなく内科からも出してもらえたりします。

 ザイザルは単体ではなくて、モンテルカスト錠と組み合わせて処方されることが多く、どちらも就寝前に一度飲むだけで24時間持つというのも大きなメリットです。

  ザイザルの主な効能は、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎などです。一方モンテルカスト錠は気管支喘息や、アレルギー性鼻炎に伴う鼻づまり、鼻水、くしゃみなどの症状を緩和するお薬です。

 本当に、びっくりするくらい効きますので、もしも市販薬が「あんまり効かねーな」と思っているそこのあなたはぜひ一度お試しください。

 今日はこの辺で。ではまた。

 

ー今日の1曲。相対性理論で地獄先生ー


相対性理論-地獄先生.wmv